キャバタウン知っ得情報

June 1, 2021, noon
豆知識・雑学

キャバ嬢にモテる男性とは?お金よりも好かれる共通点があった!

キャバ嬢にモテる男性とは?お金よりも好かれる共通点があった!

こんにちは★キャバタウンです★

友人や同僚、先輩などと意外に訪れる機会が多いキャバクラ。
ワイワイ楽しむのもいいですが、高いお金を払っているなら、なにかしら成果を上げたいですよね。
そしてあわよくばキャバ嬢にモテたいもの。
「どうせ金持ちがモテるんだろ」と男性陣は思うでしょう。

キャバクラではお金のあるなしで、お客様のマウンティングが決まってしまうのは事実。
お金はないよりあるに越したことはありませんが、お金があるだけではただの太客。

ですが、キャバ嬢がお客様と付き合うという話も、珍しいものではないんですよ。
では、キャバ嬢にモテる男性とはどんな人なのでしょうか?
また、モテるためにはどうすればいいのか。

以下で詳しくご紹介していきます!

「普通の男」こそキャバ嬢にモテる!

キャバ嬢にモテる男性とは?お金よりも好かれる共通点があった!

まずはキャバ嬢だけにモテる人はおらず、モテる人は一貫して多くの女性から好感を持たれている」という法則を覚えておきましょう。

そして、キャバ嬢にモテるのは意外にも普通の男性。
ここでいう普通の男性とは、女性から嫌われる要素がない万人受けする男性のこと。

キャバクラによく来る男性は、清潔感がなかったり太っていたり…どこか少し欠点があるんですよね(笑)。
そういった男性はいくら仕事であっても生理的にキャバ嬢は距離を置きたくなります。

そう!つまりは第一印象が大事ということ。
第一印象で多くが決まるというのは、キャバクラでも変わらないんですね。

口臭やニオイは最低限のエチケットですし、服装がだらしないのはNG!
自分を良いように見せようと、ブランド物に身を纏っても、女性への効果なし。
「この人はお金を持っているんだ」という見方で重宝されますが、その感情は太客扱い。

キャバクラの世界ではクセの強い客やキャバ嬢がうんざりする客ばかり来店されるので、爽やかで平凡な普通の男性が実はとても希少。
その希少さがゆえに価値が出てモテるというのが現状なんです。

逆を言えば、第一印象さえ爽やかで好印象を与えることができれば、二度目に来店して多少悪い部分が見えても、キャバ嬢の中ではあなたはイイ男性のまま。
同伴・アフターしたいという願望も、キャバ嬢から「付き合えるかも」と思ってもらえる可能性も早い内に叶うかもしれません★

やっぱり王道は優しい男

キャバ嬢にモテる男性とは?お金よりも好かれる共通点があった!

そしてやはり、優しい男性はモテる第一条件として挙げられます。

キャバ嬢は非常に多くの男性を接客しているので、あなたの隣に指名した子だけでなく、ヘルプの女の子が座ることも珍しくありません。
そんなとき、ヘルプの女の子にはお酒を飲ませない・ボーイにはいきなりタメ口で話して横柄な態度を取るという男性がいます。
最低限ドリンクぐらいは自由にオーダーさせてあげないと、モテる・モテない以前の問題。

実はキャバクラのバックヤードでは、お客様の話で常に盛り上がっているんです!
「あのお客様キャバクラの遊び方知らないの?」「こないだこんな態度を取られた!」なんていう、あなたのそういった態度が情報交換されています。
これはお気に入りの女の子にも必ず耳に入ります。

もちろんヘルプの女の子にも優しく、ボーイに対して横柄な態度を取ることもない俗に言う「神客」の情報も共有され、キャバ嬢の中では好感度アップ!
そして、そういった男性はキャバ嬢からモテるんですね。

キャバ嬢も仕事なので笑顔で接客していますが、ストレスが溜まっていることがほとんど。
キャバ嬢だってせっかくならお客様と楽しく会話を楽しみたいのです。
ですが、上から目線で話をしてくる男性や横柄な人だとキャバ嬢は正直うんざり。

モテる男性は紳士的で一貫して「タイプじゃないキャバ嬢にも優しい」「ヘルプの女の子ともよく話してくれる」という共通点があるんです!
キャバ嬢は「周りに対してどんな振る舞いなのか」をよく観察していますよ!

会話術でもキャバ嬢にモテる

キャバ嬢にモテる男性とは?お金よりも好かれる共通点があった!

キャバクラといえばキャバ嬢と一緒にお酒を楽しむ場所であり、会話を楽しむところでもあります。
そんな中、男性の言葉でガードの固いキャバ嬢ですらコロッと落としてしまうことがあります。

「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える

男性はキャバクラを風俗と勘違いしているのか、「付き合いたい」「抱きたい」なんて言葉をキャバ嬢に常日頃言っているそう。
「可愛いね」といった褒め言葉も実は、その先にある欲望が見え見えで嬉しくないんです。

こんな過激な言葉だらけの日常にキャバ嬢は慣れていて、意外にもありきたりな言葉や口説き文句に弱いんです!

「〇〇ちゃんと飲めて楽しかった!ありがとう!」
「今日は素敵な時間を過ごせた!ありがとう!」

この「ありがとう」という言葉は簡単な言葉に聞こえますが、大の大人が言うなんて恥ずかしくて気が引けるのか、キャバクラではこんな言葉を発するお客様は皆無に近いんです。

しかし、他の客と一線を画すにはこのオーソドックスな言葉で攻めるのがベスト!
容姿を褒める男性はいくらでもいるのに、「せっかくお金を払って来ているんだから当たり前」という考え方があるのか、感謝の気持ちを言葉にする男性は非常に少ないんです。
キャバ嬢からすると、たとえ嘘でも「ありがとう」の言葉を望んでいます。

「ありがとう」「楽しかった」というたった一言、されど一言。
この五文字の言葉で、キャバ嬢の心を動かせるかもしれませんよ。

慣れてくればワンランク上の言葉も

普段から女性と接する機会があったり、キャバクラによく通っている夜遊び上手な男性は、オーソドックスな言葉に+αワンランク上の言葉を伝えてみてはいかがでしょうか?

基本的に、キャバ嬢は毎日色々な席でお客様対応や営業で疲れています。
そんなときは「ここではゆっくりしていいよ」なんて言葉をかけてあげれば、キャバ嬢は一気に安心して距離が縮まります。
また、こちらから会話を振ってみたり「お酒飲み過ぎてない?」といった気遣いをしてくれる大人の余裕もモテる要素。

キャバ嬢だって無言の席や会話が続かない気まずい席は避けたいもの。
そして接客に疲れていて、たまには男性主導で会話をしてほしいと思うんです。

そんなとき、場を盛り上げてくれ、キャバ嬢との時間を楽しい時間にしようと努力してくれる男性はキャバ嬢からモテるんです!

タイミングが良くて余韻を残す男も最高

キャバ嬢にモテる男性とは?お金よりも好かれる共通点があった!

これは稀ではありますが、タイミングが良い男性もキャバ嬢に好かれることがあります。

キャバクラには忙しい時間帯や曜日があり、そんなときに限って指名客が被ってしまい、一卓10分も滞在できない…。
ということが多々あります。
文句を言いそうな指名客が来た時には、ついキャバ嬢も「いつもこの人はタイミング悪いな」と感じてしまいます。

一方で、お店が落ち着いているときは「早上がりかもしれない」と女の子は非常に焦ってしまうんです。
そんな時に来店してくれる男性はまさに神客。
混み合っている時にシャンパンをおろすよりも、お店が落ち着いている時に来店するだけで非常に感謝されます!

お店がオープンして間もない時間や平日に来店するのが狙い目で、新人のキャバ嬢や指名客が少ないキャバ嬢にモテる方法のひとつでもあります!

他にも、キャバクラの1セットはだいたいが60分。
セット時間の終わりが近づくと、このあと延長するかしないか?をキャバ嬢がお客様に延長交渉をしなければなりません。
このときキャバ嬢は、少しの緊張とストレスを感じ、お金に関わることなので、お客様も若干ピリつく時間になります。
「あと10分くらいいいだろ」「入る時間を見たけどそんなに時間は経っていない!」など、1セットの時間が数分過ぎてもなかなか帰らない客は嫌われます。

ですがそれを逆手に取り、延長交渉が来る前に「ちょっと早いけど帰るね」と伝えてみてください!
一見損をしていますが、1セットの料金を支払ったのに、文句の1つも言わず30分〜40分でお会計…なんていう男性はスマートに写り好印象を与えます。

「今日は短い時間しかいられなくてごめん。次はゆっくり来るね!」
「元々今日は時間なくて。でも一瞬でも顔を見たくて来たんだ」
「仕事頑張って!またすぐに会いに来るから」

なんて言葉も添えれば完璧!

キャバ嬢は「自分が損してでも、会いに来てくれるなんて…」と恋愛感情に似た思いを膨らまし、この男性は離したくない!という気持ちになります。

そしてきっとキャバ嬢から「今日は忙しいのにありがとう。今度はゆっくり会いたい」と連絡がくるはず。
「こないだの埋め合わせじゃないけど、今度私が休みの日に会わない?」なんて連絡の可能性も。

たった数分の振る舞いでキャバ嬢に与える印象は全く違い、その後の発展にも関係してきます。
こういった余韻を残せる、タイミングが良い男性もキャバ嬢にモテる要素です!

まとめ

お金のあるなしでモテるモテないが変動するのは事実。
しっかり稼ぎたいからお金を落としてくれる人を好きになるというキャバ嬢は多いものの、同時に、お金だけでは結局「客とキャバ嬢」の域を超えることもできません。

『笑顔で話を聞く』『シャンパンを飲む』『露出のあるドレスを着る』などはキャバ嬢の営業スタイルでしかなく、キャバ嬢もひとりの女性。
細かな部分に配慮出来る魅力的な男性はモテるし、横柄でエラそうな男性は嫌われます。
キャバ嬢も普通の女の子と同じ風に扱ってくれる男性に対しては、少しずつ心を開いてくれるでしょう。

当たり前の気遣いや上手な話し方などを徹底することで、あなたとキャバ嬢の関係はガラッと変わります。
キャバ嬢にモテる男性になるのは、実はとっても簡単なのかもしれません。

キャバクラに行くなら、キャバ嬢に好かれて幸せな夜を過ごす方が良いですよね。
きっとあなたがモテ男になる日も、そう遠くはないはずですよ。

ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

キャバタウンでした★★